スタッフ日記(メルマガバックナンバー)

おすすめスポットー月山高原ブルーベリー農園ー

こんにちは!
庄内空港食のセレクトショップ“庄内くう港”スタッフのガガです。
ガガと言ってもレディガガではありません。
庄内弁でおばさんを意味する“ががちゃ”から来ています。
おばさんと言われるには若干抵抗のあるお年頃の私が、自虐で付けたニックネームです。
宜しくお願いします。

さて、本日から商品情報の他に庄内のこと、空港でのできごと、
商品取材の舞台裏、当店スタッフのひとりごとなどなど、
様々な情報をお届けしていきますので、どうぞお楽しみください!

今回のメルマガは、今月旬を迎えたブルーベリーを是非ご紹介させてください!

先日、観光農園がオープンしたと聞いて、月山高原にあるブルーベリー園に
二人の娘たちを連れて行ってきました。

東京ドーム2.5個分の広さに40種類10,000本以上の樹木が植えられた園内。

展望台に続くゆったりとした上り坂を品種ごとにブルーベリーを味わいながら
足を進めます。
子供たちもパクパク、大きさを競って大はしゃぎです。
鈴木農園のブルーベリーは、完全無農薬なので子供たちにも
安心して食べさせることができます。

雄大な自然と信仰が息づく出羽三山に囲まれた鶴岡市羽黒地区、
月山高原の標高約250メートルにある農場で
鈴木農園の「月山高原ブルーベリー」は作られています。

鈴木農園の「月山高原ブルーベリー」の美味しさの秘密は、
月山から流れる豊富な伏流水と美味しく良質な果物が育つとされる
寒暖差の激しい自然環境、30年以上試行錯誤を重ねて行きついた
こだわりの栽培方法にありました。

有機肥料を全面に散布し、かき混ぜて土に酸素を通し無菌状態に造成している
「自慢の土」に、しっかり奥深く根を張っています。
ブルーベリーが根を張り易い条件を整え、
土中の浸透水を多く吸収できように育てているのだそうです。

そんなこだわりの美味しいブルーベリーを食べ進み、気が付けば展望台に。
広大な敷地に綺麗に整列して植えられた樹木の先に広がる庄内平野、
晴れていれば鳥海山、月山も望むことができます。

空気も美味しい。
絶景を眺めながら、自分で収穫したブルーベリーを食べる。
贅沢ですよね。

大きさを競っていた娘たちはというと、
大粒のさくらんぼ程もあろう肉厚で大きなブルーベリーを発見した長女の勝利でした。

実は鈴木農園のブルーベリーは、大粒でも有名なんです。
日本一の広さということだけでなく、ブルーベリーの粒が大きいということで
何度もメディアで取り上げられているんです。

夏休みも目前ですが、まだご予定がお決まりでないようでしたら、
この夏の思い出に是非おすすめしたいスポットです。

ご遠方の方も7月いっぱいでしたら、
採れたての生食ブルーベリーがご購入いただけますので、是非ご利用ください。
【季節限定】月山高原鈴木農園生食用ブルーベリー
https://shonai-kuko.com/s_s002/

追伸:
このブルーベリーは完全に季節限定です。
買うのを忘れた、と言っても後の祭り。
まだまだ暑中見舞いでお使いいただける商品ですよ

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。