スタッフ日記(メルマガバックナンバー)

コロナや受験に粘り勝つ!!

1月、いよいよ受験シーズン。
マコの甥っ子も高校入試を控えており、
風邪などひかないよう、悔いのないよう祈るばかりです。

庄内空港でも頑張る受験生の応援企画で
館内に太宰府天満宮の特大絵馬を設置し
受験生を応援しております。

ご出発前に「受験を迎える家族のために」と願い事を掛ける親御さんや、
自分や友人、クラスの生徒のためにと立ち寄る先生の姿も見受けられます。
絵馬には、「志望校に合格しますように」「早くコロナが収束しますように」
「家族全員健康でいられますように」といった合格祈願や、
家族の健康を気遣う願いも多く寄せられています。

コロナ禍の今、健康こそ幸せの基盤と強く考えるようになりました。

そこで今回は、山形県郷土料理のスーパーフード「塩納豆」をご紹介します。
「塩納豆」とは、納豆に塩昆布と塩こうじを混ぜて寝かせて作ったもので、
ナットウキナーゼの血栓溶解作用の他、
腸内環境の改善やアレルギーの改善、
殺菌作用、骨を強化する作用、アンチエイジングなど、
さまざまな健康効果を持つため、ある種健康食品のようにも扱われ、
時代の健康志向と相まって、当ショップでも人気商品となっています。

【鵜渡川原 塩納豆】

鵜渡川原 塩納豆

納豆菌と麹菌、2種類の発酵食品が含まれた「塩納豆」は、
無添加で健康食としてもお薦めできる食品です。
『鵜渡川原 塩納豆』を製造する「加藤敬太郎商店」の創業は、
江戸時代天明年間1788年。
200年以上続く日本で一番古い納豆会社として、
“マツコの知らない世界”でも紹介されました。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。