スタッフ日記(メルマガバックナンバー)

メリークリスマス&ハッピーニューイヤー

こんにちは!
庄内空港食のセレクトショップ“庄内くう港”スタッフのマコです。

今日はクリスマスイブ♪
たくさんの子供たちがワクワク、ソワソワしていることでしょう。

私が子供のころ母から
「サンタさんにちゃんと見えるよう、窓に何が欲しいか貼っておきなさい」
と言われ、おもちゃのチラシを切り取り
窓に「これください」とクリスマス当日まで貼っていたものでした。

クリスマス当日の夜、ソワソワ落ち着かない私たち姉妹をさらに盛り上げようと
「空から鈴の音が聞こえたから、外を見てみたら、空にソリに乗った
サンタさんとトナカイが見えたよ!!」
と驚いた表情でトイレから飛び出してきたときには、演技派女優を見ているよう
でした。

今年はサンタクロースになったつもりで
これから、お互いの実家にクリスマスケーキを持って、逆サプライズ作戦です。
喜んでくれるかなぁ。。。

クリスマスが終われば、次はお正月。
お正月の準備はお済みですか?

今回は、幻と称された もち米「女鶴」で作った「女鶴もち」を紹介します。
ごくわずかの農家が守り伝えてきたもち米「女鶴」をバイオ技術で改良した
「酒田女鶴」。

「酒田女鶴」は、在来種の「女鶴」を酒田市で品種改良したもち米で、
大正初期には酒田の豪商本間家が菓子屋に羽二重餅をつくらせ、
皇室に献上していたほど美味しいお餅と言われていましたが、
農作業の機械化が進み、栽培が難しくなったことから、
ほとんど作られなくなった「女鶴」は、“幻のもち米”と言われていました。

仁助屋のお餅は、その「酒田女鶴」を100%使用。
風味をより感じていただくため、そのほとんどを杭掛けによる自然乾燥で
仕上げています。
太陽により乾燥させ、雨や朝露で水分を戻しながら、じっと適度な水分量まで
乾燥させます。

このこだわり抜いた“幻のもち米”「女鶴もち」で新年をお祝いしませんか?

仁助屋の酒田女鶴もちセット

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。