単品商品

s_i022
s_i022

楯野川 純米大吟醸 合流 720ml

商品コード : s_i022

在庫状態 : 在庫有り

販売価格  ¥1,600(税込)

数量  

すっきりした甘さと、華やかな香りの「楯野川“合流”」。
雑味がなく、ふわっと口に広がる香りは、純米大吟醸ならでは。
常温はもちろん、冷やして飲むのもおすすめ。清涼感が増して飲みやすくなります
料理との相性が良く、食事のお供に最適です。
地元庄内の料理店で飲んだのがきっかけでファンになる人も多いとか。
従来からの日本酒ファンはもちろん、日本酒をあまり飲んだことがない人や、若い女性からも人気の地酒です。

〇すっきりした甘さと華やかな香りが、料理の味を引き立てる

楯野川“合流”は、ほどよい甘さと、柑橘系の華やかな香りが特長です。
雑味がなくすっきりとした後味で、冷酒や常温で飲むのがおすすめ。
食中酒としても最適です。
庄内の肴といえば、やはり海の幸!
地元庄内浜でとれた魚と“合流”はよく合います。
刺身、寿司、煮魚といった和食だけでなく、カルパッチョなどの洋食とも絶妙なマッチング。
“合流”のすっきりした甘みが、魚の旨み、酢飯やビネガーの酸味などと混ざり合い、口の中でおいしさが広がります。

〇庄内のおいしいお米を原料にした純米大吟醸

楯野川“合流”は、お米のやさしい風味を生かした純米大吟醸です。
お米本来の甘み、旨みを引き出すため、精米歩合50%まで磨きあげています。
日本酒の原料となるお米は、地元庄内の信頼できる農家から契約栽培で仕入れています。
より良質な地酒をつくるため、楯の川酒造は地元の農家と協力し、さらに良質な酒米づくりにも力を注いでいます。

〇創業180年の伝統から、世界が認める“TATENOKAWA”へ

楯の川酒造は創業180年余の歴史ある蔵元です。
清涼なお酒の味わいが当時の庄内藩主に気に入られ、地名「山楯」にちなんで「楯野川」と名づけられました。
楯の川酒造は日本酒の伝統を重んじ、すべて純米大吟醸での酒づくりを実践しています。
一方で、世界中のレストランで飲まれる「TATENOKAWA」を目指して、日本酒の新たな可能性にも挑戦しています。
そんな楯の川酒造がつくる純米大吟醸は、国内はもちろん、海外でも高く評価され、IWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)などでも数多くの賞を受賞しています。

〇“合流”の由来は、庄内平野に注ぐ最上川の恵み

楯野川“合流”は、山形の自然を育む最上川に大小さまざまな支流が「合流」し、庄内平野に注ぎ込むというイメージから名づけられました。
豊かな自然、きれいな水、肥沃な庄内の土壌が表現されています。
また、日本酒を中心とした食卓に皆が “合流”するという意味も。
家族や友人、仲間たちが食卓に集まって、わいわいとお酒を楽しんでもらいたい、という願いが込められています。

〇若者、女性、日本酒ビギナーにもおすすめできる庄内の地酒

楯野川“合流”は、すっきりとした飲みやすさに定評があります。
従来からの日本酒ファンだけではなく、若い女性やビギナーの方などからも人気です。
地元庄内の料理店や居酒屋で飲み、「おいしかったから」とリピーターになる方も。
山形県内限定流通の地酒なので、県外の酒屋さんなどでは手に入りません。

庄内観光の思い出に。
ご自宅での食事のお供に。
純米大吟醸「楯野川“合流”」をぜひお召し上がりください。

この商品を買った人はこんな商品も買っています